3日以内の資金調達はこの2種類。必要書類と申し込みのコツまで徹底解説。

資金調達の手法は多種多様にありますが、多くの相談で「銀行で断られて」「銀行の審査が間に合わなくて」という言葉を耳にします。

まず、経営者として知っておかねばならないのは「どのような資金調達手法が存在するか」です。そのうえで「自社の資金繰り状況」を正確に把握する事が重要です。
お金を借りられる状況でないのに、慌てて融資の業者をあたった所でまず必要な日までに資金を獲得することは難しいでしょう。
いつまでに、いくら必要で、どのような可能性があるかを把握せねばなりません。
そのような中で一番危うい状況というのが「今すぐ資金が必要になってしまった」という状況です。
多重債務のような状況に陥った際はありがちですが、それ以外でも突然資金が不足する状況というのは存在します。
今回はスポット的に資金不足に陥った際にどのような方法であれば直ぐに資金が調達をできるかを紹介していきます。