【保存版】銀行が扱わない案件多数!話題のソーシャルレンディングとは?

資金調達というと、銀行から融資を受けるというイメージが一般的でしたが、一般人から広く資金を調達するクラウドファンディングが浸透しています。ソーシャルレンディングは、事業者向け資金のクラウドファンディングの一種であり、インターネットを活用して資金調達をしたい会社と資金運用をしたい人をマッチングするサービスです。今回は、ソーシャルレンディングとは何か、メリット・デメリット、そして注意点などを紹介します。

ソーシャルレンディングとはなにか

ソーシャルレンディングは、クラウドファンディングの一種です。海外のソーシャルレンディング市場はインターネット上で個人間金融=Peer to Peer(P2P)レンディングとして、市場規模を拡大してきました。
米国では
P2Pレンディング業者のLending club201412月にニューヨークの証券取引所に上場し、当時の時価総額で1兆円を超えるなど、フィンテック企業の注目株として話題となりました。インターネットのウェブサイト上で資産運用したい個人から少額の資金を集め、集めた資金を企業に融資します。

クラウドファンディングには寄付型、購入型、貸付型などがありますが、ソーシャルレンディングは物品やサービスでのリターンが困難な、不動産投資などのプロジェクトに対する資金を募るものです。リターンとして、毎月または期間終了後一括で配当を配分します。投資申し込みや勧誘の手段は、インターネットのウェブサイトを閲覧する方法またはEメールに限定されています。
ソーシャルレンディングの利率は、銀行融資などと比べると高額です。しかし、機動的に募集を開始できるため、短期の運転資金を集める方法として注目を集めています。日本のソーシャルレンディングは、
2008年にmaneo社が個人向け融資を行うサービスとして開始しました。しかし、利用者の伸びが大きくなかったこと、そして債務不履行が度重なったことにより、同社は企業への融資に切り替えています。

日本では、消費者金融やカードローンなどすでに個人向け金融が海外に比べると整備されていたことから、個人間融資サービスの需要が小さかったものと考えられています。個人向け融資から企業向け融資に切り替えて以降はデフォルトの発生率も低くなり、年々参入企業が増えるとともに利用者も増え続けています。

現在、ソーシャルレンディングは日本の金融サービスで成長している市場の一つとなっています。2016年頃からソーシャルレンディングはさまざまなメディアで取り上げられるようになりました。メディアで取り上げられるようになるうちに、ソーシャルレンディングはクラウドファンディングの一種であると同時に金融商品の一種であるという認知も進むことになったのです。2017年には、市場規模は1000億円突破も期待されました。

米国市場は5500億円、2025年には米国一国だけでも15兆円を超えるだろうと資産されていることと比べると日本は小さな市場ですが、国内の預金残高が800兆円と世界最大であることをふまえるとまだまだ市場が拡大する高い可能性を秘めています(※1)。

個人の投資家は、最低1万円程度から投資することができるので気軽に投資できる点が魅力です。投資期間は数カ月から数年まで、利率も数%から10%を超えるものまでさまざまな案件があります。ソーシャルレンディングは投資の一類型ではあるものの、運営会社の審査と不動産や経営者の個人保証などの担保が差し出されているため、比較的返済確度が高いことも特徴です。

ソーシャルレンディングの仕組み

日本のソーシャルレンディングは、投資家が直接貸付を行うのではなく、資金調達したい企業と資産運用したい個人の間に、貸付を行う媒介を置き、その媒介が投資家から貸付資金を集めるという仕組みになっています。用いられているのは、匿名組合契約という仕組みです。

匿名組合契約とは、媒体と出資者である匿名組合員との間で締結され、当事者の一方が相手方のために出資して、その営業から生じる利益の分配を受ける契約です。金商法では、分配を受け取る権利を株券や債券と同じように有価証券とみなします。匿名組合への投資勧誘を行う行為は第2種金融商品取引業にあたり、事業者は金融商品取引業の登録が必要です。

ソーシャルレンディングの募集案件を見てみると、資金を募集している企業はみな匿名となっています。これは、貸金業法では債務者保護を第一に考えるため、資金調達を希望する借主を開示しての募集は禁止されているからです。さらに、1つの案件で複数の貸付が行われていることも分かります。これは、万一貸し倒れが発生したときに貸金業法を理解していない一般の個人が債務者の元に違法な取り立てに行ってしまうなどの行為を防ぐために、わざと1案件で複数の貸付を行う作りにしているのです。ただし、投資家の立場からみると、情報の透明性が失われているという問題も指摘されています。

ソーシャルレンディングの資金調達側のメリット

資金調達の方法には、銀行融資以外にもノンバンクを活用する方法もあります。しかし、ソーシャルレンディングが注目されているのは、そうした既存の資金調達方法にはない魅力があるからです。ソーシャルレンディングのメリットの1つは、過去の実績に関係なく融資を受けられることです。
銀行の場合は、過去の取引実績や決算書の内容が重視される傾向が強くなっています。従来の融資審査のスタイルでは、創業間もない企業は融資ハードルが高くなりがちです。その点、ソーシャルレンディングは返済計画が重視されています。返済計画をソーシャルレンディングの運営会社と投資家が評価すれば、過去の実績に関係なく融資を受けることも可能なのです。

2点目は、機動的な資金調達ができるということでしょう。銀行融資を活用する際には、融資を申し込んだ後にさまざまな手続きが必要で、融資実行までに相当の時間がかかってしまいます。時間をかけたからといって、必ず審査を通過するとは限らず、融資を受けることができないケースも少なくありません。一方、ソーシャルレンディングは投資家の支持を集めることができれば、迅速に資金調達を行うことができます。募集から成立まで数時間で終了することもあるのです。

3点目は、少額や借入期間の短い融資でも融資を受けられるということです。財務体質は健全でも、銀行融資では一定額以上・一定の返済期間での借入を求められるケースが多く、そうした既存の資金調達方法にそぐわない企業がソーシャルレンディングを通じて資金調達を行っています。銀行にはかつて融資を乱発したことで多額の不良債権に苦しんだ過去がありました。その経験を踏まえて、現在は厳格な融資の審査基準を設けて慎重に審査を行っています。
審査の手間が増えた結果、手間がかかる割に儲からないと考えられるようになった少額案件や借入期間の短い案件は避けられるようになったのです。その甲斐あって融資の回収率は改善しましたが、審査の柔軟性は失われることとなりました。ソーシャルレンディングは、銀行があまり手を出したくない少額融資や短期間融資、特定のプロジェクトだけを評価するプロジェクトファイナンスなど、いわばニッチな案件を取り扱っているといえるでしょう。

欧米では個人間融資が中心ですが、中国では法人、日本では不動産というように、同じソーシャルレンディングでも分野は国や地域によって異なります。日本では、人口減少で新車販売台数は伸び悩んでいるため自動車ローンの数字は伸びません。しかし、人口が増加し続けている米国では新車販売台数も好調で自動車ローンは伸び続けているように、国によって金融に対する規制もニーズも異なることが挙げられます。

今後は技術の発達と資金調達したい企業と資産運用したい個人のマッチングが向上していけば、ソーシャルレンディングは中小企業向けのさまざまな融資を提供し、既存の銀行がカバーする領域と重複する商品開発も可能になるでしょう。また、スマートフォンへの取り組みが差別化ポイントのひとつになっていくだろうという見方もあります。

ソーシャルレンディングのデメリットと利用コスト

資金調達側のソーシャルレンディングのデメリットは、銀行などの金融機関からの借入に比べるとはるかに金利が高いことでしょう。欧州などでは金融機関からの借入よりも安く資金調達できる方法として人気ですが、金利がほぼゼロの日本では金利面のメリットはほぼないといってもよいかもしれません。先に述べたように、投資家が得られる利回りは最低でも年に数%で、10%を超えるものも多数存在しています。

借入の実質利率は運営会社により異なりますが、6.0%から20.0%以内です。金利の高さは借入金額が大きくなればなるほど大きな負担になります。もう1つのデメリットは、連帯保証人や担保を求められることです。その点に関しては、保証人や担保が不要なノンバンクからの融資と比べると見劣りすると感じられるかもしれません。さらに、返済期間は5年以内と短めなのもネックです。銀行の事業者向け融資は7年から10年程度の期間借りられることを考えると、返済は大変でしょう。

また、融資実行までの期間は投資家次第です。すぐ成立することもあれば、なかなかファンドが成立しないこともあります。急いでいるときには、事業者ローンやカードローンを活用した方が資金計画の目途はつきやすいでしょう。返済期間利用コストは運営会社によって異なり、年利の中に融資手数料を含んでいるところもあれば、別途必要としているところもあります。収入印紙は別としているところが多いようです。

ソーシャルレンディング利用の流れ

ソーシャルレンディングを利用する際は、まずソーシャルレンディング運営会社のウェブサイトにアクセスし、オンラインで融資に関する情報を記入します。最初の申し込みの段階では最短3分程度で記入が完了するような簡単なフォームです。その後、運営会社より申し込み結果が通知されます。一次審査を通過したら、審査に必要な書類を提出し本審査が開始します。本審査に必要なものは、運転免許証などの本人確認書類、印鑑、印鑑証明書、納税証明書です。本審査が無事終了したら、契約書に記名捺印を行い、融資実行です。

ソーシャルレンディング事業者の選び方

日本国内でソーシャルレンディングを運営している事業者は20社程度です。不動産融資を対象としている運営会社が多いものの、事業者数の増加に伴ってファンドの対象範囲も広がっています。不動産特化型の主な事業者にはオーナーズブックやラッキーバンクなどがあります。

事業を運営するための必要資金の募集を行っているのは、maneoやクラウドバンク、クラウドリース、スマートレンドなど。海外ローンに特化し、他社と一線を画しているのはクラウドクレジットです。融資対象は東欧やカメルーン、ロシアなどの事業者を対象にマイクロローンを提供しています。

マイクロローンとはマイクロファイナンスとも呼ばれる小規模融資のことです。発展途上国では企業での雇用機会が少ないため、貧しい人々に小口の融資や貯蓄などのサービスを提供し、彼らが自立し貧困から脱出できるよう支援する金融サービスです。マイクロローンやマイクロファイナンスは、途上国の当事者が経済的な将来設計を立て自立した生活を営むことができるように支援するところが、開発援助のような慈善的なアプローチとは異なる点です。

従来は途上国の貧しい人を対象としていたマイクロローンは、欧州でも広がりを見せています。クラウドクレジットのように、日本にいながらにして海外の事業者に融資を行うことができるソーシャルレンディングもあれば、メガソーラーやバイオマス、海洋温度差発電などの再生エネルギーに特化して投資を行うことができる運営会社もあるのです。また、さくらソーシャルレンディングのように、地方創生に特化した事業者もあります。

日本の中小の事業者が資金調達の方法として利用する場合は、不動産系の運営会社か、事業性資金を募集しているところ、または地方創生の案件を募集しているところを活用することになるでしょう。できるだけ大きな金額を調達したいなら、maneoのように利用者が多く投資家が集まりやすい運営会社を選ぶのがよいと考えられます。
利率の低さで選ぶなら、
SBI証券が群を抜いています。ただし、返済期間が1年以内と短くなることと、金利が低い分、他のソーシャルレンディングのサービスに比べると審査が厳しくなる可能性は否めません。事業者それぞれで募集している案件が異なるため、運営会社がどのような特色を持ち、どのようなファンドを募集しているのかをよくみてみましょう。

ソーシャルレンディングの注意点

ソーシャルレンディングを通じた資金調達は長期の借入には不向きです。金利が高いため、利息の負担が重く、長期間の借入は経営を圧迫してしまう恐れがあるからです。利用するなら可能な限り短期間で、かつ売却や他の金融機関からの借入などの出口が見えている案件で、さらに収益率の高いプロジェクトが向いているでしょう。もう一つの注意点は、運営会社の破綻リスクがあるということが挙げられます。
せっかくソーシャルレンディングで案件の募集をかけても、運営会社の破綻により資金を調達できなくなる可能性があります。運営会社の財務の健全性は、募集案件を定期的にチェックすることで一程度なら推し量ることができると考えられます。しかし、資金調達側は運営会社の状況にそれほど神経質になる必要はないかもしれません。

短期で高収益なプロジェクトに利用しよう

ソーシャルレンディングは、市場のニーズに合わせてカバーするローン領域を広げています。ソーシャルレンディングは銀行が扱いたがらない領域に進出しているという点で、非常に評価できるものです。ただし、ソーシャルレンディングは調達コストや返済期間が厳しいので、利用者を選ぶサービスであるともいえます。プロジェクト、金利、借入期間、その他のコスト、資金の使い道など自社の状況に合わせて、最も適切な調達手段を選択する必要があるでしょう。

関連記事

  1. 【保存版】銀行・信用金庫などから資金調達をするために経営者が知っておくべき事

  2. 有利な資金調達手段として活用できる助成金(国)とは?

  3. 信用保証協会(各都道府県)はどういったことをしてくれるのか?

  4. 別名ノンバンクと呼ばれる貸金業者とは?活用シーンとメリット&デメリットとは

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ジャンル別ランキング

資金調達相談はコチラから

希望の資金調達手法
手法は問わない融資のみ手法も含め相談したい

担保の有無
土地や不動産などを持っている持っていないわからない

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031