【保存版】有利な資金調達方法の1つ!個人投資家(エンジェル)からの出資とは?

中小企業の経営者や個人事業主は、資金調達について悩んでいる人も多いでしょう。資金調達がうまくいかなければ事業を続けることができません。一方、有利な資金調達ができれば順調に事業を拡大していくことも可能です。資金調達にはさまざまな方法があります。そのなかでも注目したいのがエンジェル投資家から出資を受ける方法です。そこで、個人投資家(エンジェル)からの出資に関して仕組みや特徴、メリット・デメリット、投資家の探し方などについてお伝えします。

資金調達の種類

中小企業や個人事業が資金調達する方法は主に3つあります。1つ目は融資を受ける方法です。銀行や信用金庫などの金融機関から資金を借りることで資金調達できます。この方法のメリットは、金融機関と信頼関係を築ければ長期的に安定して資金調達できることです。金融機関は融資にあたって過去の決算状況などをチェックしたうえで今後の事業計画などの提出を求めます。融資を受けたあとで計画通りに事業を進めていければ金融機関からの信頼が得られるでしょう。

その結果、追加融資を受けたり借り換え可能になったりします。また、緊急時に返済期限を延長する相談にも乗ってくれる可能性もあります。ただし、金融機関からの借入金は有利子負債ですので利子負担が発生することがデメリットです。また、一般的に担保の提供を求められる点もデメリットと感じる場合があるでしょう。

2つ目の方法は助成金や補助金制度を活用して資金調達する方法です。国や地方公共団体は各種助成金・補助金を設定しています。補助金は倍率が高く一定の要件を満たしても受給できないこともあります。しかし、助成金・補助金は返済不要で無利子というメリットがあります。賢く活用すると資金調達を有利に進められるでしょう。

3つ目は個人投資家(エンジェル)からの出資など投資家から出資を受ける方法です。出資とは、株式会社の場合、投資家から資金を拠出してもらい代わりに株券を交付することをいいます。株券は、配当金をもらったり会社清算時に残余財産をもらったりする権利証券です。
中小企業や個人事業主は、大企業などから出資を受けられることは少ないでしょう。受けた場合は買収され経営権を失うことも多いです。経営権を維持しながら出資を受ける場合は、個人投資家からということになるでしょう。(
※1

エンジェル投資家とは?

個人投資家から出資を受ける主な方法は、エンジェル投資家からの出資、ベンチャーキャピタルからの出資、そしてクラウドファンディングの3つです。このうち、エンジェル投資家と呼ばれるのは事業を支援する個人投資家で、親族などの投資家と金融機関融資の中間に位置する存在といえます。

エンジェルという言葉が使われるようになった背景にはあるハリウッド映画の影響があるといわれています。映画の中で事業を支援する投資家を「エンジェル投資家」と呼んでいたことからこの名称が定着しました。エンジェル投資家の多くは元起業家であることが多く、経営者が直面する資金面での苦労を知っており、支援したい事業があればリスクをとって応援するという気持ちを持っているのが一般的です。

新たに事業を起こそうとしている起業家を応援するために出資するケースも多いですが、有望な事業だと判断すれば大企業や金融機関からの資金援助が得られにくい中小企業や個人事業にも出資する場合があります。また、単に資金を拠出するだけでなく、出資先の事業経営に役立つ専門家や別の経営者を紹介したり、自ら経営に関するアドバイスをしたりすることある点が特徴です。

一般的な出資額は数百万円から数千万程度というケースが多いといわれています。しかし、大企業や金融機関から資金調達できないときには、まさに天使(エンジェル)になってくれる存在です。アメリカなどでは、すでに大企業に成長した会社でも、最初はエンジェル投資家の出資を受けて事業を拡大できたというケースも珍しくありません。(※2

ベンチャーキャピタルやクラウドファンディングとの違い

個人から出資を受ける資金調達形態には、エンジェル投資家から出資を受ける以外にベンチャーキャピタルからの出資を受ける方法もあります。共通点は、ともにリスクをとって起業したての会社や小規模でこれから拡大を目指す中小企業などに出資することです。エンジェル投資家とベンチャーキャピタルの主な相違点3つあります。

1つ目は、投資主体が違うことです。エンジェル投資家は「個人」が出資します。一方、ベンチャーキャピタルは、投資事業を行う主体が「会社」です。ベンチャーキャピタルの設立主体は金融機関や大企業などだけでなく、大学が設立する場合もあるなど多岐にわたります。

2つ目の相違点は、エンジェル投資家の出資額よりもベンチャーキャピタルの出資額の方が多額である点です。ベンチャーキャピタルの場合、数千万円から数億円が出資されることもあります。

3つ目は、一般的に公開されている情報はベンチャーキャピタルの方が多いということです。個人であるエンジェル投資家は個人的なつながりや紹介などで出資先を選定することが多いという傾向があります。一方、ベンチャーキャピタルは持ち込み案件も多くなるため、どんな事業を応援するかや、どの程度出資するかなどについて情報公開している場合が多いです。融資以外に出資を受ける方法としてはクラウドファンディングという選択肢もあります。

クラウドファンディングとはネット上のサービスで、事業やプロジェクトを応援したい人が直接その会社にお金を渡せる手法です。クラウドファンディングとエンジェル投資との大きな違いは、出資か否かという点です。エンジェル投資家は出資と引き換えに出資持分や株式を取得します。一方、クラウドファンディングを通じて受けた資金は寄付を集めたりサービスの前受け金を受け取った場合と同じ扱いで出資扱いではありません。(※3

エンジェル投資の仕組みと投資家のメリット

エンジェル投資を活用した資金調達は個人から出資を受けることになります。株式会社の場合、具体的な仕組みとしては第三者割当、もしくは転換社債型新株予約権付社債発行が使われることが多いです。第三者割当とは、既存の株主以外の人に対して新株を割り当てる手法で、新たに株式が発行され増資することになります。

転換社債型新株予約権付社債は、社債と株式両方の性質を持っている証券です。発行時は社債として発行されますのでエンジェル投資家から資金の借り入れを行う形をとります。ただし、転換社債を手に入れた投資家は、社債発行時に決められている一定数の株式と取得した社債を交換することができます。エンジェル投資家は株式に転換することを目的としてこのタイプの社債を手に入れますので、社債の満期まで保有するのではなく比較的早い段階で株式への転換を行うことが多いです。

発行会社は、株式に転換されれば社債の償還時に資金を返還する必要はありません。すべての転換社債が株式に転換されれば、結果的に新株発行と同様の効果が生じることになります。成長が見込める事業に投資するエンジェル投資家には主に2つのメリットがあります。

1つは、思惑通り事業が拡大すれば企業価値が増加し株価も上昇することです。株式値上がり益が狙えるメリットがあります。
もう
1つは節税です。税制は各国によって違いますが、多くの国でエンジェル投資にあたる行為についての優遇税制が用意されています。日本におけるエンジェル投資家向けの優遇制度はエンジェル税制です。取得時に出資額相当をそのほかの株式売却益などから控除できます。また、投資先が解散などして損失が生じた場合にもその損失を株式売却益から控除可能です。(※3

エンジェル投資家の探し方とポイント

資金調達方法としてエンジェル投資家からの出資を受ける方法を使いたいと思っても、簡単に実現できるとは限りません。出資を受けるためには投資してくれる人を探す必要があります。中小企業の経営者などの多くは、銀行に対する融資交渉の経験はあっても投資家探しの経験が豊富という人は少ないでしょう。エンジェル投資家の探し方としては主に3つあります。

1つ目は、経営者が持っている人脈などを通じてエンジェル投資家を特定して直接連絡する方法です。まずは、熱意を込めて丁寧な文章を作成して手紙やメールでアプローチします。興味を持ってもらうために、どんな事業展開を考えているかも概略を記載した方がよいでしょう。次に、面談を申し込みます。ただし、必ず返事がくるとは限りませんので、あきらめず複数の投資家にアプローチすることが大切です。

2つ目としては、セミナーやイベントに参加して接触する方法があげられます。投資関係・起業関係のセミナーにはエンジェル投資家が参加していることもあります。事業投資に関連が深いテーマのイベントやセミナーに積極的に参加しておくことがエンジェル投資家との出会いの機会を増やすことにつながります。3つ目の方法は、マッチングサイトの活用です。中小企業などの経営者とエンジェル投資家をマッチングさせるネット上のサービスが存在します。

このサービス活用することで比較的簡単にエンジェル投資家を見つけられる場合があります。マッチングサイトにはエンジェル投資家のプロフィールなどが掲載されており、そういった情報から自社の事業との相性が良さそうな投資家を判断してアプローチすると成功確率が高まります。エンジェル投資家になってもらいたい人を探す場合には、リスペクトできる人物を選ぶようにしましょう。
関係者から情報収集したり口コミがあれば確認したりするなどして、できる限り人物像を把握してからアプローチすることがポイントです。また、過去にエンジェル投資の経験があるかどうかも確認しておくことも重要でしょう。(
※3

エンジェル投資家出資を受けるメリット・デメリット

中小企業などがエンジェル投資家からの出資を受ける場合は、メリットとデメリットをしっかりと理解しておくことが必要です。メリットとしては3つあげられます。まず、返済不要の資金が得られることです。投資家から受けた出資は、事業を継続している間、返済期限を心配することなく投下できます。

投資家が資金を引き揚げたい場合は株式が売却され出資者が変わるだけですので、出資を受けた会社が払い戻しをする必要はありません。回収が長期にわたる投資にも使える魅力があります。もう1つのメリットは、会社の信頼向上につながる可能性があることです。エンジェル投資家の中にはその世界で名の知られた人もいます。そういった人から出資を受けて主要株主名簿にエンジェル投資家の名前が載ることは信用力のアップにつながると期待できます。

さらに、現役もしくは元経営者としてのエンジェル投資家から出資を受けた場合は、事業に役立つアドバイスが得られる可能性があります。経営経験があり、身銭を切って投資している株主としてのエンジェル投資家からは、一般的な外部経営コンサルタントなどのものとは一味違った提言が得られるでしょう。
一方、経営に口を出される可能性があることがデメリットです。アドバイスの範囲を超えて、株主として経営方針に介入してくると経営の自由度が減少する可能性があります。(
※3

個人投資家から出資を受ける秘訣

エンジェル投資家に接触できたとしても、出資を決めてもらうことは簡単ではないでしょう。出資を受ける主な秘訣が3つあります。

まず、中小企業などの経営者として経営理念やビジョンをしっかり掲げておくことです。創業当時の原点に立ち返って整理をしておく必要があります。もちろん、ただお題目として飾っておくだけではなく、日々の経営活動の中で実践することも大切です。経営理念やビジョンをしっかりアピールできれば、投資家の心を動かすことに役立つでしょう。

2つ目は、事業計画書を作成することです。思いだけでは投資家は出資に踏み切ってくれません。将来の事業を数字できっちり表現するためにも事業計画書を作成することが重要です。

3つ目は、自分以外の経営者と交流して経営手法や考え方などについて常日頃から意見交換をしておくことです。さまざまな経営に対する考え方に触れることによって経営者としての成長が期待できます。出資者が期待する経営手法などを身につけることも可能です。(※3

エンジェル投資家との関係づくり

エンジェル投資家からの出資が払い込まれたらそれで終わりではありません。出資者との長期的な信頼関係を築いていくことが重要です。インベスターリレーションシップ、いわゆるIRについても真剣に考える必要があります。やるべきことは2つあります。

1つは事業の経過報告です。出資者はリスクをとって自らの資金を出資しています。当然、投下された資金の状況がどうなっているか興味があります。状況報告は信頼関係を醸成する重要なポイントです。定期的に事業の経過報告をすることを忘れないようにしましょう。

もう1つのポイントは決算報告です。エンジェル投資家は株主ですので、株主総会の中で決算報告を受けることになります。しかし、事業継続や拡大を左右するほどの出資を受けている場合には、株主総会での報告とは別に、その投資家に対して決算説明を個別に行うなどの配慮をした方がよいでしょう。決算報告という形で直接コミュニケーションをとれば、今後の事業展望を説明したり投資家の意見を聞く機会とすることができます。(※1

さまざまな資金調達方法を活用することが大切

事業拡大や経営継続のためにはさまざまな資金調達の道を確保しておくことが大切です。エンジェル投資家からの出資の活用は、返済不要で無利子の資金調達が可能になります。金融機関からの借入が難しい状況などの中小企業経営者や個人事業主は、資金調達方法の1つとして活用を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 中小企業基盤整備機構とは?支援制度にはどんなものがある?

  2. 【保存版】銀行・信用金庫などから資金調達をするために経営者が知っておくべき事

  3. 【保存版】資産売却とは?資産売却によるメリットと注意点を徹底解説。

  4. 【保存版】助成金(地方公共団体)による資金調達の方法と申請手続きのポイント

  5. 別名ノンバンクと呼ばれる貸金業者とは?活用シーンとメリット&デメリットとは

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ジャンル別ランキング

資金調達相談はコチラから

希望の資金調達手法
手法は問わない融資のみ手法も含め相談したい

担保の有無
土地や不動産などを持っている持っていないわからない

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031